ギャンブル依存症

ギャンブル依存症になる人の5つの性格と特徴 理解を深め依存症克服

更新日:


こんにちは。ギャンブル依存症のルーモです。

ギャンブル依存症の記事をいくつか書いていく中で、ギャンブル依存症になりやすい人の性格やどうして依存症が深刻化していくのか?などといった特徴をまとめた物があれば、役立つかなと思ったのでまとめてみました。

自分は、どのタイプに当てはまるの?どうすれば依存症を克服したり、治療を進める事ができるのか?

また、今は無縁な人でもこれから陥る可能性も十分にありますので、この機会に学んでギャンブル依存症にならないよう予防していきましょう!!

3dman_eu / Pixabay

 

ギャンブル依存症になりやすい人の性格 4タイプ

 

ギャンブル依存症になりやすい人の性格には大きく5つの特徴があります。すべての方がこの通りにあてはまるということではありませんが、参考にしていただき予防や治療に役立てていただければと思います。

 

1.負けず嫌いの人

 

負けず嫌いの人というのは、勝負においてこだわりを強く持っています。このこだわりが強いがために、ギャンブルにおいても負けを認めたくないとか、「勝つまでやってやる」という風に考えてしまう傾向にあります。

依存症の大きな特徴である負けを取り返したいとか、取り戻せると感じてしまうタイプですね。普段は、負けず嫌いな性格ではなくても、ギャンブルにおいてこの性格が現れる方も多くいます。

このタイプの性格をお持ちの方は、プライドが高いという傾向がり、負けを認めたくないとか、受け入れないといった思考になりがちです。

ここにあてはまる人は、ギャンブルは勝てないという事をしっかり理解すること、負けを認める、受け入れるという事が治療において重要になってきます。

 

2.真面目な人

 

ギャンブル依存症になっている人には、この真面目なタイプが以外に多いです。ギャンブルというと一見不真面目な人が多いように思いますが、まじめで真剣に取り組む人ほど依存症に陥ってしまいます

ギャンブルで勝つ方法を研究していたり、収支などをきちんとつけている人などがあげられます。

パチンコやスロットなどは、期待値というものがあり、期待値通りの稼働を続ける事ができれば、確かにギャンブルにおいて勝つ方法はあります。そういう方法を理解しているがために、「次はきっとうまくいく」と思い込んでしまい、なかなか抜け出せなくなります。こういった稼働を続けるには、強い精神力も必要となり、ルールをしっかり守る!!という事が大前提になります。

 

ギャンブルで苦しんでいる=ルールを守れていない(もしくは理論がそもそも成り立っていない)

 

という、事を理解しギャンブルや投資に取り組む事をやめるべき性格であるという事を理解する必要があります。

また真面目な人は、責任感も強くなくしたお金を補填しようという思考にもなりやすいため、注意が必要です。

 

3.コミュニケーションを上手くとれない人

 

このタイプの人は、周りの方に自分の気持ちや思いをうまく伝える事ができず、その不安やストレスをギャンブルにぶつける事で、その時間を楽しんだり、忘れたいという方が当てはまります。

パチンコなどのギャンブルを行っている時間が落ち着いたり、ギャンブルが友達になっているようなケースです。

既婚者や主婦などは、昔は友達も沢山いたが、結婚してからは付き合いがなくなってしまった・・・など、人付き合いがだんだんと減り、いつでも気軽に楽しむ事ができるギャンブルに依存してしまうという事があります。

 

また女性の方は、依存症を発症するまでの時間が短い。などの特徴もあり、主婦の方に多いというのがこのタイプの特徴です。

治療方法としては、ギャンブル以外の交友関係の時間を沢山作ることや、旦那さんなど身近な人にしっかりと話を聞いてもらう。思いを伝える。という事が大切です。

自分を表現する事や、思いを伝えるという事が苦手なので、そういった分野の力をつけていくという事も大切だと思います。

 

4.自己評価が低い人

 

このタイプの人は、自分への評価が低い=自信がない。というタイプの人です。

人に良く見られたくて、見栄を張るといったような特徴もあります。自分の中では、「もうだめだ・・・」などと思っていても、それを人に隠しているタイプです。

自分に自信がないので、現実から目をそらして現実逃避するためにギャンブルに依存してしまうといった事があります。

 

3の性格の人と似ている所もありますが、人に伝える事ができないので、1人で抱え込んでしまうというところがあります。

治療方法としては、自分を認めてあげる。周りの人が、理解し評価したり認めてあげる事。こういう事を繰り返しながら、自信をつけていく事が大切です。

自信がつけば、きっと今の生活を変えたり、治療と向き合うきっかけになるはずです。

 

5.自己中心的な人、もしくは、自分は特別だ!と思っている人

 

依存症の方に多い特徴としては、この「自分は特別だ!他人とは違う!」と思っている人が案外多いです。

他人とは、違う運を持っているから、この賭けに成功するだろう・・・

そんな考えを持ちながら、賭け事を繰り返す事し、なんとか1発逆転で助かった。という過去の経験を積んでいく事で、依存症にどっぷりとつかってしまいます。

 

私もこのタイプで、この事を自分で気づくまでにはかなり時間がかかりましたし、スリップする原因の大きな要素でもあります。

もし依存症かもと感じる方がいれば、自分だけは特別だ!と感じていないか、今一度自分を見つめなおす機会を持つべきです。

 

これはとても大切な事です。

 

あなたは、特別な人ではなく、普通の人、他の人となんら変わりないギャンブル運も何もない人なんです。

その事を理解する必要があるのです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

残念ながらギャンブル依存症というのは、アルコールや薬物などと違い周りの方が気付くまでに時間がかかります。嘘を巧みに使うので周りの方も気付くのが難しいです。

時間がかかった分だけ、依存症は進行してしまいます。それだけ治療も難しくなってしまいます。

 

人というのは、それぞれ個性がありみんながみんな同じ事に当てはまらず、治療に役立つ事も変わってきます。

大切なのは、それぞれの個性に協調していき、「その人が何を考えどんな事を思っているのか?」というところ探っていくことです。

 

依存という行動の裏には、何か理由があってその行動に至る根本的な部分を解消していかなければ、治療は進みません。

治療をしていく中で、スリップしたり、苦しかったりする事があると思います。

 

でもその時に、何を思ったのか、何か新しい気持ちの発見があったのかを探りながら、一歩ずつ進んで行く事が大切です。

いきなり治る人なんていません。少しずつでも前をみて治療と向き合っていってもらえればと思います。

 

 

 

アドセンスPC用

アドセンスPC用

-ギャンブル依存症

Copyright© 人生〜ここから〜 , 2019 All Rights Reserved.