その他の依存症 ギャンブル依存症

ギャンブル依存症の治療に不可欠!?イネイブリングとは?

投稿日:


ギャンブル依存症やその他の依存症に悩まされている方って非常に多いのではないでしょうか。

 

こんにちは!ギャンブル依存症に悩まされ続けているルーモです。私は過去の経験をもとに皆様の依存症治療に少しでもお役に立てる記事をお届けしたいと思い、このブログを運営しております。

今回は、依存症の治療に不可欠なイネイブリングについてまとめてみましたので、ご覧ください。

イネイブリングとは?

イネイブリングとは、ギャンブル依存や、アルコール依存、その他依存症対象者を助けるつもりが、かえって依存症の回復を遅らせ依存を助長させてしまう周りの人の行為の事を言います。

依存症問題を抱える家族にとって依存という行為は、「苦」という感情そのものでしかなく、本当に苦しい戦いが続いています。

依存症には、明確な治療の方法もなく、どうすればいいのかと悩み、闘い、助けようとすればするほど負のループに陥っていく。それがイネイブリングの恐ろしい所なのです。

 

ポイント

※心配したり助けているつもりが逆効果・・・それがイネイブリング

 

依存症の治療を行っていくにあたり、一番重要な部分がこのイネイブリングを絶つ。という事です。

それでは、イネイブリングにはどのような行為があるのかを考えて行きましょう!

あなたは、対象者に対してこんな事をしていませんか??

 

気を付けなければならないイネイブリングの代表的な行為

このブログは、ギャンブル依存に関してのブログですので、ギャンブル依存に対しての代表的な例を挙げていきたいと思います。

1.借金の肩代わりをする
2.行動をコントロールしようとする(監視する)
3.「借金を作ったのはお前なんだから、死に物狂いで働け」などと責任をとらせようと追い込む
4.借金問題や今後の生活に関して、本人主導ではなく家族主導で物事を決めてしまう

一つずつ解説していきます。

1.借金の肩代わりをする

に関してですが、これは一番やってはいけない行為の代表的な物になります。家族が早くなんとかしなければならないと焦って肩代わりをしてしまうと、本人は「自分がなんとかしなくても問題が解決した」と思い込んでしまいます。また、借金が無くなる事で新たな借金をする余力を与えてしまう事にもなりますし、そのお金を使ってまたギャンブルを繰り返すという事態に陥ってしまいます。

借金問題が発覚したときは、焦って肩代わりをするのではなく、「金融ブラックになったら本人が新たに借金ができなくなる」というくらいに余裕を持って対処される事をオススメします。債務整理などされる場合も、ただ債務整理をするだけでなく、なぜギャンブルで問題を起こすほどにギャンブルをする必要があったのか?、精神的なストレスがかかっていたのではないか?など根本的な所を改善していかないとまたギャンブルを繰り返す事になってしまうので注意が必要です

 

2.行動をコントロールしようとする

これも当事者にとっては、生活のしづらさを与えストレスをかなりかける行為になるので注意が必要です。家族とすれば、「またギャンブルをするんじゃないか」と心配になるのは当然です。そして心配になるので、行動を監視したり、行動をコントロールしようとします。すると、当事者は監視されている感覚と行動を制限されている感覚が強くなり、常にストレスを感じるようになります。ストレスが溜まると、依存症の方はそのはけ口を依存行為にむけるようになります。そしてギャンブルを繰り返してしまうのです。ですので、このような行為もやめましょう!

 

3.責任を取らせようと追い込む

ギャンブル依存症に陥る人の特徴として、負けず嫌いや真面目という性格の方が多いです。真面目な方は、自分のおかした出来事や、責任の所在が自分であることを十分に理解しています。そんな状況の人に責任を取らせようと追い込んだりする発言が続くと、「自分が責任をとらなきゃいけないのはわかっている」とストレスを与えたり、「自分はダメな奴なんだ」とネガティブな気持ちを植え付けてしまったり、「もう何をしても立ち直るきっかけを与えてもらえない価値のない人になってしまった」といった自己嫌悪に陥らせることになります。こういったネガティブモードに入ってしまうと、自己肯定感がなくなり、治療を遅らせる事になります

ギャンブル依存症になる人の5つの性格と特徴 理解を深め依存症克服

こんにちは。ギャンブル依存症のルーモです。 ギャンブル依存症の記事をいくつか書いていく中で、ギャンブル依存症になりやすい人の性格やどうして依存症が深刻化していくのか?などといった特徴をまとめた物があれ ...

続きを見る

自己肯定をし、現実を受け入れる。【依存症治療】

こんにちは。ギャンブル依存症のルーモです。 昨日、また依存症の治療に病院へカウンセリングに行ってきました。 毎回、治療に行くたびに新たな発見があります。自分の心を知る事が依存症の治療において重要な事な ...

続きを見る

 

4.本人主導ではなく、家族主導で物事を決めてしまう

借金の返済方法や、今後の生活環境、仕事の事など、本人の問題のはずなのに、家族の問題として家族主導で物事を決めてはいませんか?

本人の問題は、本人の主導で物事を決めて行くという事が大切な要素になります。誰かに支配されて決められたルールの上で生活をすることほどストレスを感じる事はありません。初めのうちは、「自分がおかした過ちだから・・・」と我慢したり頑張って生活していますが、その生活がずっと続いていくと、「いつまでこんな生活続けていくんだろ・・・自分はこんなに頑張っているのに、何も変わらない」とストレスを抱えていくようになります。また、何か依存をしてもいいという理由を探しています。自分で決めた事でないから、ストレスが溜まったからギャンブルしたなどと・・・自分の決めた事であれば、「自分で決めた事だし、自分の選んだ道だから頑張ろう」という気持ちになりますし、何か状況が変わってくるとまた自分で正しい道を選びなおすという事ができるようになります。依存の問題を他人事ではなく、自分事としてとらえてもらう。という事が重要になります。

 

ここまででイネイブリングの代表的な行為や、なぜイネイブリングを行ってはいけないのかという事をご理解いただけたかと思います。

では、実際に今後どうしていけばいいのかという事を考えていきたいと思います。

 

イネイブリングをやめないと依存症治療はすすまない

イネイブリングをやめないと依存症の治療はすすまないという事なのですが、みなさんここまでお読みになって気付いた事はありませんか?

そうです!依存症と密接な関係にある一番の原因は、なんらかの「ストレス」という事です

イネイブリングをするという事は、当事者を助けようとするあまり、逆に当事者にストレスを与え生活をし辛くしている状況ということです。

もしくは、周りが勝手に助けてくれるので、自分事ではなく他人事に感じてしまっているという事です。

ですので、このイネイブリングをやめないと治療が進んでいきません。

何が本人のためで、何がイネイブリングになってしまうのかと考えだすと難しくて何もできなくなってしまいますが、それでいいと思います。

それが自分事と考えるきっかけになり、自分で立ち直る道を探す手助けになるのです。

 

イネイブリングは双方向への依存でもある

イネイブリングの大きな特徴としてあるのが、お互いに依存している。いわゆる共依存という状態に陥っているという事です。

大事な家族なので、ギャンブルの問題さえなければ本当にいい人だ。

次こそは、立ち直ってくれるだろう。

もうこんなバカな事は、しないはずだ。

といったような、問題以外の事に関しては、離れたくないと思わせるような関係にある事です。

共依存が続く限り、イネイブリングも終わらず、依存症の回復も遠回りになってしまうでしょう。

ギャンブル依存症のパートナーとは離婚するべき?【借金と共依存】

こんにちは。ギャンブル依存症のルーモです。 ギャンブル依存症の方に家族がいる場合、多くの方が一度は「離婚する」という事が話題に上がったり、問題になったりする場面て多いのではないでしょうか。 私自身も例 ...

続きを見る

では最後に、実際にどう支援していけばよいのかを考えていきましょう。

 

環境を整えよう

ここまで読みすすめていただいた方ありがとうございます。あと少しで読み終えますのでもう少しお付き合いください!

ストレスが一番の天敵とわかれば、あとはストレスをどのようにコントロールしていくかという事が大切な要素です。

ストレスのコントロールができれば、依存症の治療にも近づくという事です。

 

実際に皆さんがストレスを感じる時って、どんな時ですか?

 

やっぱり環境への対応だと思います。

「嫌いな人がいる」「仕事にいきたくない」「眠れない」などすべての物事には環境という言葉があてはまります。

ですので、ストレスを感じない環境作りをしていくという事が一番の支援になります。

今の世の中にはストレスを感じていない人なんていないと思いますし、依存症者だけでなくすべての人が同じようにストレスを抱えています。

そんな中、「依存症者だけハレモノに触るように特別扱いなんかできない」「みんなストレスがある中頑張って生きているんだ」「なんでみんなに迷惑かけてるやつの事を気遣わなきゃいけないんだ」という気持ちも十分にわかりますが、そこは一歩引いて気持ちを抑えて「依存症がこれで治るなら・・・」くらいの温かい目で支援していただけると嬉しいです。

私の願望でもありますが・・・笑

実際に、環境を整えるという事は、【家族・仕事・住居・人間関係・etc…】千差万別な事なので、具体的な例はここでは、はぶかせていただきます。

本人の気持ちをしっかりと聞いて、本人が納得し自分で自分の事を選択するという事が大切になります。

依存症には、環境の変化でストレス軽減!?

こんにちは。ギャンブル依存症のルーモです。 依存症には環境の変化が大切だというお話聞いた事ありますか? 私は、中途半端に知識を持っていたために間違った心の持ち方をしていました。 今回はそんなお話です。 ...

続きを見る

まとめ

依存症の治療ってすごく大変ですよね。本人も家族も人生のどん底に突き落とします。

一生続いていく依存との闘いに疲弊し、精神的にも肉体的にも経済的にも身を滅ぼします。

でも、正しい治療の方法と正しい支援をしていけば、どんな人でも必ず回復できると信じています。

私自身、ネガティブになって「死にたい」とか「もう人生終わった、つまらない」と深みにはまってしまう事もありますが、前を向いて依存と向き合って行けば、いつか必ず回復できると思っています。

というか、回復できる所をお見せします。

そして、希望の光になりたい。

自分の意見や気持ちばかり表現されているこのブログですが、少しでも訪れていただいた方のお力になれよう頑張っていきますので、今後とも末永くお付き合いください。

 

 

アドセンスPC用

アドセンスPC用

-その他の依存症, ギャンブル依存症

Copyright© 人生〜ここから〜 , 2020 All Rights Reserved.