その他の依存症 ギャンブル依存症 マインド 日記

第三者に自分の病気を公表する事、そして管理される事【定報R1.5】

投稿日:


こんにちは、ルーモです。

またまた更新が遅くなってしまいました。ですが、頑張って続けております。

5月には、様々な事がありましたが、その中でも自分の中に大きな影響を与えた出来事を報告したいと思います。

今回は、自分の中でも何かきっかけを掴めた手応えがいい感じで、依存症も上手くコントロールしていけそうな手応えがあります。

過信してはいけませんが、自分の中でもいい感じです!油断しないように、今の生活を続けて行けたらと思います!!

steinchen / Pixabay

 

第三者に自分の病気を公表するという壁を乗り越えた先に

タイトルにもある通り、私はとある友人!?第三者に自分の病気の事をすべて公表しました。

先月の記事を読んでもらえばわかりますが、再スリップの末に自分が自己愛性パーソナリティ障害ではないか?という疑いから、その事を理解し自分が思ってしまう思考、行動、衝動的に動いてしまうという症状を受け入れるという大きな転機がありました。

その転機から、ずいぶんと生活がしやすくなったように感じていました。そして、お金のやりくりをしている中で、10年来の付き合いのある保険会社の知人に思い切ってすべてを打ち明ける事にしたのです。

もちろん、保険会社の方なのでFPの資格も持っていますし、人生設計を考えた相談まで一括して乗っていただけると思い、思い切って打ち明けたのです。

私にとってはものすごく勇気のいる事で、人の目や評価などを気にしてしまう部分を持っている私にはかなりハードルの高い事でもありました。

でも・・・お話する事ができました!!

 

依存症については、無知な方でその辺の相談はなかなか難しい感じでしたが、真摯に受け止めてくれてお金や今後の事について真剣に考えていただきました。

将来のビジョンが明確になった事と、第三者に公表できた事が私にはすごく大きくて、もっと早く相談できていればと思います。

他にも前回のスリップが私にとって、本当の意味で底打ち体験になったのかもしれません。

本当に、我が家にはお金がなくなってしまい、借金ばかりになってしまいましたが、幸い共働きでそれなりの収入があるので、保険の整理などもして借金返済のめどが立ってきました。

借金はそれこそ何千万とありますが、いわゆる消費者金融からの借入を1年後くらいに完済できそうなイメージが具体的にできたので、今はそこを目標に頑張っています。

 

本当にお金なくなってしまったし、自分自身にも愛想をつかし、家族の為に離婚も真剣に考えました。そういう危機的ながけっぷちにたたされ、次がないという気持ちもありますし、他の依存症と併発している病気を知る事で、気持ちが楽になったという事もあります。

第三者に公表した事で、「もう自分を飾らなくていい。無理してかっこつけなくていいんだ。」と思える気持ちが芽生えた事も多きいと思います。

 

ただ、まだ本当の近い友人達に話できるかというとまだ隠してる部分もあるので、そういった意味ではまだまだ自分を受け入れる事ができていないのかもしれません。

 

第三者に管理されること

お金を第三者に管理される事は、私にとっては屈辱的な事ですし恥ずかしい事でもありました。でも私が尊敬できる人に、「世の中やっぱり自分でお金の管理ができないのなら人にしてもらうしかないでしょ・・・」

と言われた時に、妙に納得できたというか諦めがあったのでしょう。

男なら、自分でしっかり働いて稼いで、働いたお金でしっかりまずは返済、そのうえで信用を回復していくしかないんじゃないの??と。本当にその通りで、尊敬できる人だから、自分と似た臭いを感じる人だから腑に落ちたと思います。そして更に、妻など女の人にお金を借りてる事に対して、女性にお金を借りてるなんて男として恥ずかしいじゃん!!といったんです。

「確かに!!」って妙に納得しました。私の性格を見透かされてるかのような言葉に、頑張らなくちゃって思えたんです。

家族だとどこか甘えが生じてしまう部分があるかもしれないですけれど、信用できる人、信頼できる第三者に話をする事は、自分にとってはとても大きな一歩になりました。

これを機に、物事がうまく動き始めればいいなと思っています。

 

まとめ

今回このような方法で、私はうまくいきそうな手応えきっかけを掴む事ができましたが、この方法が他の依存症の方に役に立つかわかりませんし、ちょうどいい相談できる人物に出会えるのかもわかりません。

それはケースバイケースですが、大事なポイントがいくつかあると思います。それは・・・

 

 

1.真剣に治療しているにも関わらず依存症がなかなか治らない場合は、他の障害を抱えている場合が多い。その部分を見つけ出し、把握・治療する事。

2.依存物から離れるという事を自分でコントロールできないうちは、強制的に他の人が管理徹底する事。

3.将来のビジョンを明確にし、具体的に計画・そして実行していく事(借金の返済計画など)

 

です。私の場合、この3点が大きな転換点になった気がします。

将来のビジョンがしっかりと見える・決まってくると行動に移しやすいものです。是非、計画してからの、行動を頑張ってみてください。

 

妻も何度も借金の返済のために、計画立てて返済しようと頑張ってくれてたんですけど、ないがしろにしてしまってました。申し訳ない。

自分でその気にならないと結果的には、またいくらでも借金できてしまいますし、気持ちの変化が一番大切なんでしょうけど。。。

 

理想の自分持ってていいと思いますし、自分はまたその理想の自分に近づくために頑張るだけなんで!!いい車に乗りたいし、お金に不自由のない生活したいですし、ギャンブルじゃない投資もしたいですし・・・

でもそれは、今の自分の生活が安定してから、借金が無くなっておちついてから目指していきたいと思います。

 

お金の執着から離れる事も今の自分には必要だとも思ってます。

生活の中に熱中したり夢中になれる物をみつける事も大切ですね。

でも私は、ゴルフにのめり込みたいけどお金がない!!笑

歌う事も好きなので、ギターでも買って音楽活動なんかもいいですね!!

 

気持ちが落ち着いてる時は、楽しい事が沢山浮かんできます!!

でも躁鬱もたぶんもってて、こういう状態の時こそ気を付けるべきタイミングなんだという事も学習しました。

気分が上がってきた時こそ、注意が必要・・・

頑張れ・・・俺!!

 

 

アドセンスPC用

アドセンスPC用

-その他の依存症, ギャンブル依存症, マインド, 日記

Copyright© 人生〜ここから〜 , 2019 All Rights Reserved.