ギャンブル依存症

依存症においてスリップするのは、意志が弱いから?

更新日:


こんにちは。ギャンブル依存症のルーモです。

今回は、依存症においての「スリップする」事について考えたいと思います。

succo / Pixabay

スリップするって何?

依存症の治療を始めるにあたり、よくこの「スリップする」とか「スリップした」という言葉をよく耳にします。

言葉で言われると、聞きなれない方はどういう事?と疑問に思うかもしれません。

ですが、この言葉が依存症そのものと言っても過言ではないくらい、重要な事であり一生付き合わなければならない問題なのです。

感の良い方は、もうお分かりかもしれませんが、依存しているもの、事象を再び繰り返してしまう事です。

ギャンブル依存症の方は、再びギャンブルに手を出してしまう。アルコールや薬物依存の方は、再びアルコールや薬物に手を出してしまう事「スリップした」などと言います。

依存症と闘っている方にとって、この行為は特別なものです。

真剣に治療に取り組んでいるいる人ほど、スリップした後の罪悪感・・・また自己嫌悪に落ちる気持ちは、強くなると思います。

逆に言えば、スリップしなくなったのであれば、依存症から抜け出せている状態という事になります。

 

スリップするのは意志が弱いから?

依存症の治療を家族ぐるみで開始する前には、よく母親にこの言葉を言われました。

「なんで何回も何回も借金を繰り返すの・・・」「あなたの意志が弱いからこうなるんじゃないの?」と・・・・

「次また繰り返したら、私が死ぬ」とまで言われていました。

それでも、またギャンブル借金を繰り返してしまいました。

母親を苦しめたいとか、「死んでほしい」などとは、これっぽっちも思うはずがありません。

自分の意志でどうにもコントロールできない状態が、この依存症という病気の恐ろしいところなのです。

私もいまだに、苦しみ続けています。

ですから、治療の方法として施設や病院に入り物理的に何も手に届かない状況を作りだすのです。

依存症の人の脳は、依存しているものにしか反応しなくなります。

そのもの以外他の事など、はっきり言って「どうでもいい」とか、「なんとかなる」と思ってしまいます。

そしてその後、我に帰った時に、「またやってしまった。」と罪悪感や自己嫌悪に陥るのです。

本当に、辛いです。

ですから、今苦しんでいる方がいるのであれば、周りのサポートしている方々は、「意志が弱いからまたやるんだ。」とか、どうかそんな目で見ないで上げてください。

きっと関わる方の対応が変われば、依存症に苦しんでいる方も少しずつ変化が訪れ、自分の本心を語ってくれるようになると思いますよ。

治療の進展=信頼の回復  です

本当の気持ちを語れない関係なんて、信頼も何もありませんよね。

少しずつでも、お互いに信頼関係を築いていけるよう、本心を語り合う。ぶつけ合う。事を大切に、みんなで治療に取り組んでいってほしいと思います。

 

まとめ

依存症である以上「必ずスリップします。」

スリップしないのであれば、継続的な支援は必要になりますが、根本的な問題は解決しているといえます。

スリップしてしまう事が病気であり依存である。

という事を、まずは周りの方が理解してあげる事。本人も病気だという事を認める事。

そこから治療が始まっていくのだと私は思っています。

苦しいのは、本人・家族、みんな同じです。

みなさんの治療にむ向き合う姿勢や力で未来は変わっていくと信じています。

一緒に頑張っていきましょう!!

アドセンスPC用

アドセンスPC用

-ギャンブル依存症

Copyright© 人生〜ここから〜 , 2019 All Rights Reserved.